Skip to content

日常を綴るのではなく

by on 2010/06/18

暫くブログを更新していなかったことに気付く。

今日から何かしら毎日少しでも文章を書くと言うことをやってみたい。話題は何でもよい。最近読んだ本でも、考えたことでも、経験した感情でもよい。とにかく書くと言うことが大事なのだ。君がもし小説家になりたいと少しでも思うのならば、必ず毎日少しでもストーリイを綴ってみる、という事が重要だ。日々のトレーニングの重要性は、どんな職種にもついて回る。私は必ずしも小説家になりたいと思ったことはないが、それでも分泌に関連する職業に就きたいと思っている以上、このようなトレーニングの必要性は認識しているつもりだ。

さて、何について書こうか。

トピックを選んで、何かについて書くと言うことは、一体どういう事なのだろう。何事も語り出しが重要である。語りはじめの一言は、その後に続く全ての言葉の流れ出る源泉となって、語りの全てをまさに規定することのなる。だからどんな文章でも、最初の一文がなにより大切である。

この文章は、だから、「何について書こうか」という問いで始まった時点で、答えが提示されないことが最初からわかっている。この文章は、何について書くか、を問う文章なのだが、問いで始まった以上、問いで終わらねばならない。答えで終わろうと思うのならば、我々は、答えから始めなければならないのだ。

明日はもう少しまともなことを書こうと思う。例えば、いま丸山真男をよむことのシグニフィカンスについて、とか。このテーマで書くとは、必ずしも限らないが。

Advertisements

From → Memo

Leave a Comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: